世界に羽ばたけ、あおいとりっ子

当園は、佐賀県多久市の中心地に位置し、JR多久駅南側約100mというアクセス条件ながら住宅街の袋小路の奥にありますので交通量はほとんどなく、園外散歩も安全で落ち着いた場所にあります。

 

JR多久駅と園の間には中道川が流れそのおかげで風通しもよく夏もさわやかで涼しい自然の風が子どもたちを優しく包んでくれています。

 

子どもたちには、園生活を通して「元気」で「笑顔」あふれ「思いあり」のある優しくたくましい子どもに育って欲しいと思い保育に工夫を重ねています。特に、先生と一緒にいろんな体験をいっぱいし、失敗や成功を共に分かち合うことをで成長して欲しい気持ちは職員全員の願いでもあります。

 

園児の足測定を導入した理由は、チャイルドヘルスケア協会柴田先生の話を始めて聞いて私自身スポーツや空手経験も長くやっていたのでわかる。「足の育ち、姿勢、体幹の大切さ」「ビックリ」「共感」そして、何よりその気になればすぐにでも取り組める内容でしたので足測定をきっかけに園と保護者が協働で取り組めるものだと確信したからです。

 

実際に、園児の足を測定してみるとまず職員の園児の足に対する意識が変わり、保育内容も少しでも足を使うことへの変化、それによる子どもの体力向上や怪我の防止そして何より継続測定していくたびに園児が健康な足へと成長していく結果として現れました。

 

また、柴田先生とのお付き合いもあっという間に5年目になりますが、今年の保護者説明会では、たくさんの保護者の方が柴田先生の話を聞いてくださり、関心を集めました。仕事で欠席の保護者の方からも評判を聞き、「資料が欲しい」「次回の開催はもっと早めに知らせて欲しい」と要望も頂いています。

これらかも、お預かりしている大切な園児さん一人ひとりを真ん中に置き保護者と職員が一緒になって子ども達の輝かしい未来づくりへ取り組んでまいります。

 

『世界に羽ばたけ、あおいとりっ子』
https://www.facebook.com/aoitorikodomoen/

 

佐賀県多久市

あおいとりこども園 園長  川原田知章